FC2ブログ

999の事を思い出したら

2011年09月30日 14:51

新しいヘッドホンを買った。耳掛け式、made in USAでKOSSってメーカーの奴。
何故か?愛用の奴をipod shuffleとともにインポケットのまま洗濯機にぶち込んだ延長線上に理由がありそうだ。

それはともかく、これがヨドバシ価格1980の安価にもかかわらずいい音なんだ。デザインは最悪だけど。
いい音だなあ、久しぶりにあれを聞いてみるか。

「交響詩銀河鉄道999」

最初の999の映画のBGMです。
中学生の時初めて買ったLP(レコードプレーヤーを持って無かった俺はカセットテープで買ったんだけど)です。
オイラの劇伴好きはここから始まる。

で、仕事中に聞いてたらふと思った。
999という作品の正体。

この映画が公開された頃はアニメ作品の認知度か低くまだブームの走りであった。松本作品ブームではあったが。
したがってアニメに関する情報はほとんど無く、アニメ雑誌も少ない。この作品をきちんと評論する媒体はなかったように思う。

時がたって俺らの年代がオッサンになってメーテルが美女だったと言う事もあり999は思い出の映画として美化されていってるような気がする。999に限らないけど。
だからこの作品に関してきちんと考証している物を僕は読んだ事がない。知らないだけかもですが、そこはご容赦を。

あの作品を語る時に言われるワードは「青春」「幻影」「ロマン」「限りある命」辺りかなあ。
でもそんなんじゃないと思うんだ。


鉄郎は機械の体を求めて999に乗るわけだが最初から腑に落ちない事があった。
機械伯爵が母を殺しているのにそいつと同じ体になろうとするなんて!

でもガキの時分は馬鹿デスからそこを忘れる事に。

結局終着駅で彼は「ネジ」にされる事を通告されてそこから逃げるんですな。
これは一体どういう事か。

銀河鉄道は鉄道である。鉄道とは「レール」の上を走る物だ。
こう考えてみよう。

貧しい頃味わった屈辱を跳ね返すために、猛勉強し、エリートになる事を望んでいい大学を出る。
だが就職したはいいけれど、結局会社の、社会の歯車でしかなくね?俺。的な。

鉄郎は機械の体を手に入れる事でエリートになろうとしたわけだ。
だから銀河鉄道という「レール」に乗ったわけだ。
でも行き着いた先は「システムの部品」になる事だった。

これは現代教育システムのメタファーである。
銀河鉄道で旅する事は「勉強していい大学を出る」という事のメタファーであり、
ならば当然メーテルは「先生」のメタファーなのだ。
綺麗な憧れの先生の期待に応えたくなる男の子、それが鉄郎だ。
最後までメーテルが機械の体なのか生身なのか曖昧なままにしたのは「先生だって人間」で生徒には幸せになってもらいたいと思っている、からだ。
たとえシステムの一部として生徒と対峙していてもね。
教師であると言う事は「文科省の手先」でありながら「人間」という二律背反する要素を兼ね備えている事なのだ。
だから各駅のエピソードにはいつも教訓めいた物が含まれていてそれ自体が一時限の授業としてのメタファーだ。

そして松本先生はそれに対する答えとして「社会の部品にされるだけだ」という悲劇を用意する。
エリートにさえなれない。エリートなんて頑張ってもなれるものではなく、人として何か間違わなければなれないのだ!(原作にはそう言う描写がいっぱいある)

実にクールだ。
松本先生、クールです。

社会の引いたレールの上を歩む事、それはろくな物じゃない、それでも授業からは何かを学べ、学校では何かを学べ、そして最後には組織に依らない一個の自分たれ、そのために戦え!

というレイジマツモトのメッセージなのだ。
現代教育に対する批判、それが銀河鉄道999という作品だったんだ。

今頃気付くなんてな、俺。


スポンサーサイト

ファンタジー?

2010年04月21日 11:34

「パッセンジャーズ」という映画を観ました。2008年の映画ですから、今頃、ですね。
悪い映画ではないのですがオチに賛否が分かれるタイプです。
この映画に関して特に語る気はないのですが未見の方で観る気がある方は読まないようにしてください。


ファンタジーというカテゴリーがあります。
当然僕などは両足をそこに突っ込んで蓋を閉めたらそのまま埋葬できるような作家ですが、本当はそうは思っていません。
僕にとってファンタジーとは特定の作品のみを指します。

安房直子著「白いおうむの森」

と言う童話です。児童文学とでも言うのでしょうか。
これに出会ったのは随分前、小学一年生の時です。
当時読書に目覚め動物ものが好きだった糞ガキはタイトルに「おうむ」とあったのでこれを図書館から借りました。
でも全然動物ものじゃありませんでした。内容はこんな感じ

とある宝石店の秘密の階段を下るとそこには白いおうむのたくさんいる森があり木の下には一人ずつ誰かがいる。
その中に主人公である少女みずえの、生まれる前に死んでしまったお姉さんがいた。

乱暴な要約ですいません。
この作品は短編でこの本は表題作とそれ以外のものを納めた短編集なのです。
そしてそれらは例外なく「死」をモチーフにしている。
子供向けの作品であるにもかかわらず「死」が常にそこにある。

初めてこれを読んだ時の衝撃はいまだに忘れません。
胸の中に、喉より下、横隔膜より上、の辺りにズ~ンと広がる何とも言えない感じ。
泣けるわけではないが切なくて、叫びたいような気にもなるがパワフルでもなくて、もどかしいけど手放してはいけない何か。
その時僕が思ったのは「ああ、これがファンタジーって言う奴なのか」です。
それ以来僕にとってのファンタジーはそれ以外にありません。

中学、高校とかに行って実は世間には「魔法」「剣士」「お姫様」「ドラゴン」などが出てくるファンタジーというカテゴリーがあると知ります。
全然納得はいかないけれど便宜上そういう風に言わなくてはならないので我慢。
僕にとってはそういうのも宇宙船やらタイムトラベルしたりするのもまとめて「SF」にしています。
この略は何だって良いです。サイエンス、スーパー、ファンタジーだろうがフィクションだろうが。
あの胸に突き刺さるような感覚をもたらさない限り純粋なファンタジーとは絶対に認めん!!うが~!!

これを「パッセンジャーズ」を見た後に思い出したのです。

その後アホみたいに本を読みまくったけれど、これほど衝撃を僕にもたらした作品とは出会っていない。
凄く面白いとか、ためになる、とかはありますが、言葉で表すことの出来ない何かをもたらした作品はありません。
それから二十年くらい経って僕は普通免許を取りに山形は新庄市へ行きました。
いわゆる合宿免許と言う奴で短期間で教習を受けるものです。
と言っても一日みっちり車の勉強をするわけではなく日の大半は暇だと聞いていました。
なので荷物に読んでいない小説を二十冊ほど持って行ったのですがそんな物一週間ほどで読み尽くします。
新庄市は駅前に立派な商店街があったのでそこの本屋を物色、するとそこにあったのです、文庫版が。

即購入、即読む。

しかし、あの時感じた切ない感じという奴が胸に広がりません。
これが大人になるって事か?汚れてしまうって事か?死んだのか?
後僕に出来ることはこれを理詰めで解釈することだけ。

人は無い物ねだりをする動物だ。そのうちの一つに後悔をどうにかしたい、という衝動があります。
過去の清算とか失敗をやり直したいとか。
そのうちの一つに「もう戻らない人とのやり直し」がある。死んでしまった人との、ね。
それを実現させられるのはフィクションの中だけです。変な言い方だな。まあいいか。
「死者との対話」
これは今考えると大変ポピュラーで普遍的なテーマなんだよな~。

「フィールド・オブ・ドリームス」「鉄道員」「シックスセンス」「ゴースト」等々。
ほじくればいくらでも出て来ます。

そんなテーマで僕はデビュー作「私立探偵レイモンド」を描いたわけだ。
かなり意図的にそのテーマを入れました。今考えるとなんてあざといのだろう。恥を知れ。すいません。
勿論その時も頭の中に「白いおうむの森」があったのは言うまでもありません。

しかも

羽衣の中でもそれをやろうとしてるし。性懲りもなく。

勘弁してやって下さいね。

何故僕が釣りをやめたか

2010年04月16日 13:59

こないだ持っていた釣り道具をほとんど処分しました。もう何年もやってないから再び行くこともないだろう、というわけです。
比較的綺麗なリールとルアーがわずかに残っているだけで、それも邪魔にならないから残しているだけです。
ここまで読んだ時点でおわかりでしょうが、バスフィッシングです。

一時ドハマリしてました。暇さえあれば霞ヶ浦、雄蛇ヶ池、印旛沼などにGO。雄蛇ヶ池ではランカーを上げたこともあります。無論マグレですが。
実家が大阪なのでそう遠く無い分琵琶湖にもよく行きました。
にもかかわらずやめたのは何故か。

バスフィッシングに対する世間の風当たりが強くなったのは多分その始まりでしょう。
でも僕は生態系が崩れると言うことに関しては何も問題だと思っていません。
生物の多様性は何かしらのきっかけで変わるものだから。
人間が世界を行き来するようになればそれに付随して他の生物だって移動するわけで、それが商業的な意味や人間の勝手であっても同じ事です。
そうやって生物は広く分布し、進化するだけの話。だからバスが他の魚を駆逐した所でそれは単なる淘汰に過ぎないと思うのです。

でも琵琶湖なんか例に取ればわかりやすいのですが、ブラックバスは目の敵にされていますね。
その時に言われるのが前述の通り「生態系の破壊」なわけです。

でもね、はまってた時必ず毎年琵琶湖に行っていたけれども、行く度に思うことがあったよ。

「フィールドが無くなっていく」

要は護岸工事が進んで釣りが出来なくなっていくのですよ。畢竟、琵琶湖で良い釣果を求めるならバスボート、っていう気分になる。
でもそんな高価なものは買えません。
何より、生態系を壊しているのは護岸工事を許している地元住民じゃねえのか?と。

生態系を守るなら、土木工事だって同じ罪のはずなのにバスばかりが叩かれました。
たとえ筋が通っていてもこれはスケープゴートではないのか?

地元が守りたいのは生態系でもなんでもなく漁業と公共工事、要は「MONEY」じゃあなかったのか?と。


昔は釣りとは自然との対話でありました。
従って釣り人は自然を大切にするものだったわけです。ええ、過去形です。
ブラックバスが広まったのは人為的に広められたからです。いわゆるゲリラ放流。
今までいなかった近所の池にある日から突然現れる。近所でも釣りたい誰かが放流してしまうからです。

ただそれが個人の手に因るのかどうかはわかりません。
だって、ブラックバスの釣れる場所が増えると得をする業者がありますから。
ルアーはソフトだろうがハードだろうが消耗品です。下手ほど凄い勢いでなくします。
そして新製品は常に出続けます。

ブラックバスフィッシングはもはや「自然との対話」ではなく「商業」になっていたのです。
僕がむかついた琵琶湖のお為ごかしと同じ事が自分の行為にも言える。これはきつい。
しかも陸っぱりの出来るフィールドに行けば必ずバサーの残したゴミを目にします。
コンビニ袋とその中身だけならともかくプラグの空ケース、ちぎれたワーム、バックラッシュしたライン、これはバサーの残したもの以外にはあり得ません。
それにうんざりしながら自分も根掛かりでルアーというゴミを水面下に残してしまう。
そして再び行くためには買わねばならない。
僕はゴミをその辺に捨てたりはしなくとも同じバサーだと周囲からは認識されるわけで、それもいやです。

以上の事はバスフィッシングの魅力と引き替えに出来るかどうかぎりぎりのマイナスポイントです。
正直この時点では釣り合っています。それくらい釣りが好きだしバスフィッシングは面白いです。

じゃあ、とどめは何よ?

スピニングにおけるリトリーブの主流が左手になったこと。
これにはついて行けん。右手でやっているといかにも「あいつ、シロウトじゃね?」と後ろ指を指されているようでホンマ、きっついわあ。


それでも機会があればやってみたいのは陸っぱりからのシーバスゲームです。
懲りてねえのかヨ。


マカオ

2010年01月28日 10:25

キカイダーの出だしのロケ地は伊豆だったようです。
ホテルとのタイアップとかもあったりしました。シャボテン公園などはウルトラマンでも使われていますね。
それとジローがダークとの戦いのさなかカットが変わっていきなり多摩川へ来ました。
そこは毎度おなじみの場所だったのですよ。

狛江市は世田谷通りで多摩川を渡る橋、多摩川水道橋の上流東京側を一キロほど上った所、多摩川五本松と呼ばれる所があります。
そこがもう昭和の特撮では欠かせないロケ地だったようでいろんな番組で使われています。
「ウルトラマンレオ」「女優霊」は最近確認しました。
近くに調布の日活撮影所や大映がある事も使われやすい要因でしょう。「女優霊」は日活ですしね。

今でもこの近辺では撮影に出くわす事があります。
本格的な商業フィルムなのか学生の自主制作なのかは分かりませんが。
昨日弟がその近くで上地雄輔が撮影してたのを見たそうです。

昨今の日本特撮に欠かせない場所二つの内の一つもウチの近所です。
味の素スタジアム。
何度もロケは見かけています。ちなみにもう一つはさいたま新都心ね。

東京に住んでいると何かしらのロケ地の近くになるのか僕の住んでいた所は皆何かの近くだったりします。
・サンライズの事を忘れて上井草に5年住んでた。当時は社名を出さずにいたが、僕が引っ越してからガンダム像が出来たり「アニメ商店街」みたいな事を名乗ったり。どうだかな~。
・河田町のフジテレビの側に住んでた。とんねるずとか見ました。
・北区赤羽に住んでた。「頑張れロボコン」後期エンディングのロケ地、赤羽園公園のすぐ側。いつの間に撮ったのか子供心に悔しくてならなかった。見たかった~。

数年前、散歩をしました。一時ヒザを悪くしてそれが治ったかどうかを確認したいがために長時間の散歩に出ました。
たどり着いた派聖蹟桜ヶ丘。
連光寺という丘陵地の上にある公園の中に入っていくと見覚えのある建物が。

「マカオ!!」

マカオじゃねえか!いや待てよここはまだ日本、って言うか多摩市じゃねえのか?
都立桜ヶ丘公園、旧多摩聖蹟記念館という。

昔レインボーマンというテレビシリーズがあって、主人公のヤマトタケシは旅に出たその先で修行をし超人になって帰ってきます。その途中に敵と戦った舞台がマカオだった。
その時の建物だ…。

僕はずっとマカオロケしてたと信じていたわけで。って言うか疑問も持たずに忘れていただけで。
その後いくつもの特撮番組でその建物が使われている事を知り、何故気付かない?と愕然としたりして。

ちなみに本当のマカオへは行ったことがあります。
カジノがあることと、走ってる車のほとんどがマツダのレビューだったことしか覚えておりませぬ。

今更キカイダーかよ

2010年01月27日 09:27

故あって「人造人間キカイダー」の再放送を見ています。
本当に子供の頃に見たきりなのでどれくらい記憶とずれがあるのかチェックチェック。
何しろ子供の頃の印象は「超面白え!!」だったから。

まだ出だしの4回しか見てはいません。多分強烈な印象を持っているのはやはり「ハカイダー」が出て来てからでしょう。
稀代の悪役、昭和の頃のヒーローものでこれほど印象に残る敵もいなかった。
キカイダーが救うべき光明寺博士の脳を頭頂部に保管してしまってキカイダーが攻撃できない上に高性能!
凄い、凄いですダーク!就職したいですギル教授!そのテクノロジーたまらないです!
アンドロイド作るわ人の脳機械に移植するわ最高です!しかも伊豆のホテルがタイアップもかねて秘密基地になっているなんて厚生施設もナイスです教授!

でもプレジャーボート一隻沈めるのに甲板に大人数で導火線付いた爆弾使うのはいかがなものでしょうか?

僕なら楽しいアンドロイドのアイデア一杯出しますから是非ダークに就職させてください。

キカイダーはサイドカーに乗っています。
サイドカーは三輪なのでフルブレーキングからのドリフトもこなしてしまうので結構スタントか格好いいです。
ただ何故かそのサイドカーは光明寺博士がダークの施設で作ったと思われるのですが、タンクにKAWASAKIのエンブレムが。

シャボテン公園からぶっ飛ばされた次のカットでウチの近所の多摩川へ来るのも特撮の伝統とでも言うかな。

なんだ、文句ばっかり言ってんじゃん。

それでも未完成な良心回路故に苦しみ葛藤するヒーローなんて彼以外存在しません。
ビックリするくらい孤立無援で彼が守る女子供に傷ついたら直してもらわなければならないというハンデ付き。
昨今のヒーローは恵まれているよなあ。
仲間も帰る場所もあるんだから。

後にパロディとしてよく使われ、今では思い出されもしなくなった彼の登場パターン。
敵が悪い事をしようとするとギターのメロディが聞こえ「どこだ?どこだ?」と探させ、たいてい高い所にいて飛び降りてきて戦闘開始。
今見るとギャグ以外の何者でもないそれですが、「不意打ちをしないフェアプレ-精神」「音楽を愛する平和の心」がプログラムされてそれの競合の結果、だとしたらいい話にならないかなあ。

この作品もきちんと練り直してリメイクしても良いんじゃないかと思う次第であります。

昔の作品から何か新しいものが発見できるかどうか、あったらまた報告したいですね。


最新記事