FC2ブログ

ギャラクティカ

2010年07月08日 00:54

バトルスター・ギャラクティカが完結しました。
ケーブルやCSでしか見れませんがその価値はあるSFです。

いろんな側面を持つ作品ですが僕が思うのは「宗教」。


絶望の淵に追いやられた人を支えたのは宗教。
だけど宗教は人を支えても救いはしない。
それに気付いた人間が宗教を捨て現実を向き合った時、神はようやく奇跡というプレゼントを用意する。

そんなファンタジーがこのギャラクティカという作品だったと思います。

日本市場を意識したのか、それともアニメの純粋な影響なのかそういうシーンが随所に見られます。
一番色濃く見えてくるアニメはやはり「伝説巨神イデオン」でしょう。
板野サーカスから始まりガンドロワぽい敵本拠地に特攻したり。言い出せば切りがなさそう。

が、ラストはイデオンより明るく救いのあるものでした。
ま、最後の方は泣きながら見てましたけどね。

スターバックのエンディングは賛否別れそうな予感もするけれど、僕的には「あれ以上はない」と思うくらい最高のエンディングです。
切なさ全開のファンタジーだぜ!

白いおうむに負けてないぜ!


昨今日本のアニメが北米市場でセールスを落としているようですが、実写ドラマでこんなのが見れるんだから、しょうがねえよなあ、と思う作品でした。

見てない方はレンタル屋さんへGO!
スポンサーサイト





最新記事