FC2ブログ

俺はガンダムに厳しい(2)

2010年11月28日 20:38

ご存じの通りガンダムは初回放送時は視聴率不振のため打ち切られた作品だ。
それが再放送で人気が出て、ガンプラがブームを巻き起こした。
あ、ちなみに当時放送局に再放送を要望する葉書書いたよ。

そのガンプラ人気が凄かったためテレビのニュースでも取り上げられたほどだ。
今でも覚えている。買いに来た客を捕まえてインタビューしてた。
「なぜガンダムが好きなんですか?」
という問い。

答えられるか?

リアルだからとか、今までにないとか、なんか良くある答えを言っていたような気がする。
そういうのは局側で編集するから他にどんな的を得た答えがあったかもしれないのだが、それはともかく僕自身それを聞いて考えた。
「なぜ?」

答えられない。

上手く説明できなかった。出来ないので考えるのを止めてしまった。
そういうのは出来ないものだと割り切ってしまった。
そんなこんなで十年以上が経ちいろんなガンダムが作られてきた。

その中でやはり一番インパクトがあったのは「ターンA」である。
最初にそのデザインを見た時「いくらシド・ミードだからって!」と誰もが思ったに違いない。
僕もそう。
二つ予感があった。

「このガンダムは人気が出ない」
「でも俺はきっと好きになってしまう」

予感は当たる。
そこで知るのだ。
ガンダムが犯した過ちと、演出家の持っている力量のなんたるかを。
スポンサーサイト


最新記事