FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺はガンダムに厳しい(1)

2010年11月14日 18:26

かつてカッコ良く改造しようとして挫折したズゴックのガンプラ残骸を見つけたのでペーパーウェイトにしてみた。
釣り用のオモリを入れて、パテで中を埋めて、モノアイをちょいと改造して、塗装はメタルカラーとか言うのを使って質感を出してみました。
ペーパーウェイト



さて、僕はガンダムに厳しいです。
トミノガンダム以外を基本認めておりませぬ。
トミノガンダムでもTVゼータとダブルゼータは嫌いです。
よってGとかWとかX付いてるのは論外だったりします。Vでさえどうかと思うところがたくさん。
昨今の奴もどうかしてくれよと思う。
SEEDはキモイ。
中二の妄想を公共の電波に乗せるってどうよ?
OOは頑張って15話くらい見たんだけど説明セリフが多すぎて何度か寝かけた。最終的には雑誌片手にしてないとテレビの前に居られんかったです。

そんなろくなガンダムのない時代において唯一良いと思えたのがユニコーンでした。
原作ね。

そのアニメ版を見たわけなんだが予想通りであった。
そもそもあの小説の構成を一時間程度の尺で見せようとすれば必ず無理が来る。
その無理を通すには構成そのものを変えるしかない。

でも基本そのまんま。あげく第一話はクライマックスに入りますよ、って所で終わり。
その続きも第二話冒頭あっさり見せて終了。

他はぐだぐだと政治的な会話を見せて「所謂ガンダムらしさ」を演出したりする。

アホかと。

80年代、僕たちファンも含めて誰一人ガンダムを受け止めきれた奴はいなかったんじゃないかと思う。
あれはとんでもない変化球で常人にはキャッチできなかったんだ。
むしろそれくらいでなければエポックにはなり得ない。
ガンダムを理解するのに当時の、そして今もアニメファンは幼いんじゃなかろうか。
僕もガンダムを見て随分経ってからあれが何だったのかを理解した気がするのに、制作の現場はまだ理解できてないんじゃないかと思う。
もっとも理解していたのだとしても商売としては成功しているからもう歯止めはきかないんだろう。

もうガンダムはキティとかなめ猫とかミッキー某と同じキャラクター商品である。
作品とキャラクターの立ち位置が逆転してしまっている。

何でそうなったのか、解釈は次回で。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hekiei.blog115.fc2.com/tb.php/126-01e5ab69
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。